献血で尿酸値はわかりますか?

実は、知り合いの人が献血マニアで。

献血マニア?

っていうか、献血好きなのです。
「趣味=献血」みたいな。
いや、マジですよ、これ。

で・・・その人は、通算100回を達成したのですよ。
献血する回数のことね。

100回達成すると・・・どうなると思います?

年末にね(なんで年末なんでしょうね??)
なんと・・・表彰式があるのですよ。

それに招待されるのです。
(ホントですよ!)

で、賞状と記念品がいただけるのですが・・
ちなみに出席しなくても、記念品は送ってくれるそうです。

じゃあ、なんのための表彰式なんだ、という気もしますが、
とにかく、献血も継続すると、そんないいこと(?)がある、
ということで。

あ、そうそう。
その、気になる記念品ですが、
いったい、どんなものがいただけるのか?

その年度によっても、会場によっても違うのかもしれませんが、
その人のときは「ガラス製の杯」だったそうです。

さんざん、血を出したので、
この杯で酒でも飲んで、体の水分を補給しろ、という意味ですかね?

え?
たぶん、ちがう?

・・・・と、そんなことより、
献血で尿酸値がわかるのか、という話をしなければ。

献血で尿酸値は わかりますか?  →→ わかんないです。

献血に行くと、注射器の針を・・・・ズブッ!

と、容赦なく腕に刺されて、大切な自分の血液をしゅるしゅる・・
と奇妙な音を立てながら、注射器のシリンダーの中に
吸い込まれていきます。

ああ、なんで、こんな目に遭わなきゃならないの!
と思ったりするのですが、注射するのが
看護師の綺麗なお姉ちゃんだったりするので、
それも良し、ということで。

で。
献血というものは、その場で検査結果がわかるものではなく、
後日、検査結果を送ってきてもらえます。

それによって、ある程度の項目があり、
自分の健康チェックできるようになっています。

これは、つまり・・献血というものが
善意のボランティアである、輸血が必要な人のための
人助けである、という根本的なものがあるのです。

けど、せっかく善意で血液を提供する人のために、
ああ、助けてあげてよかった、だけではなく、
その人にとってのメリット(?)みたいなものも、
あればいいなあ・・ってのが検査結果の送付サービスだと
思うのです。

と、ここまではいいのですが、
その肝心な検査結果には「尿酸」の項目はありません。

この「尿酸」というのは、病院で血液検査をしてもらうと
わかりますが、いわゆる「尿酸値」がわかる項目です。

献血が、その血液が使える(輸血など)かどうかをチェックする以上、
尿酸値もわかるはずなのに、献血者には教えてもらえません。
相手の言い分は
「献血は善意のボランティアであり、健康診断ではないから」
だそうです。

ふ~ん。
でもさ。
献血って、たくさん血液を集めなきゃならないんでしょ?
ほら。
血液って、保存しておくと古くなるっていいますし。

だったら、献血による検査結果の欄に「尿酸」もあったほうが
たくさんの献血者が増加するように思うのですけどねえ?

血が足らない。
血液が不足している、とかいうのは、結局、無償だからなんですよ。

昔は、「血を売る」っていうか、
お金がなくなると、自分の血液を売ったのです(いつの時代ですか!?)

まあ、大昔のことはともかく、
たしかに献血は善意による、尊い行動なんでしょうけど、
痛風、高尿酸血症の人間としては、献血で尿酸値もわかったら、
嬉しいんですけどねえ?
もっともっと、今以上に献血に出かけると思うのですけど・・・

と、いうわけで、尿酸値は献血ではわかりませんが、
せっせと献血にご協力お願いします (オマエもな)。




[ スポンサードリンク ]



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ