痛風にカップラーメン

痛風なんだけど、カップラーメンを食べてもいいのか?
いや、食べちゃダメなのか・・・ということなのですが。

私は食べてもいいと思います。

そうなると、カップラーメンの含有成分にプリン体がどうこう、
とかいう話になってきて、食べない方が無難でしょう、なんて
ことになってくるのです。

でもね。
カップラーメンにしろ、ラーメンにしろ、おいしいじゃないですか?

人生、長丁場です。
痛風の食事療法というのは、長期にわたって継続するものです。

世の中には痛風になりやすい体質、痛風体質というタイプの人がいて、
尿酸をたくさん作り過ぎる体質だったり、
尿酸の排泄がうまくいかなかったりする体質だったり・・
そういう人がいるのですよ(私もそうです (涙))

そういう人は、普段の生活習慣の改善や節制により、
尿酸値が下がってきても、安心して油断すると、
あっという間に、するすると尿酸値の数値は上がってくるのです。

だから、ラーメン大好きな人が、
痛風なんだから、ラーメンは我慢しよう・・なんて決心しても、
長続きしません。

私の意志が弱いだけかもしれませんが、せいぜい半年です。
(都合の悪いことは)すぐ忘れちゃいます。

ラーメンを半年我慢し続けた反動で、
ええい、もう、どうでもいいや!
と、ラーメンを何杯もドカ食いしてしまうよりも。

なるべく食べないようにするけど、たまには
食べます、だって、おいしいもん。

・・・そういうスタイルの方が長続きします。
もちろん、人によりけりですが。

で、カップラーメンに限らず、ラーメンの何が駄目なのか?

いえ、ダメというと語弊がありますが、
ラーメンには“汁”がつきものですが、
この汁に・・・「肉のエキス」がたっぷり含まれているのですよ。

肉は、タンパク質で、もちろん体に必要ですが、
御存じのようにプリン体 満載で、しかも酸性食品です。
尿が酸性に偏りがちになってしまい、尿酸が尿に溶けにくくなります。
よって、尿酸の排泄が、今一つとなってしまい、
結果的に、尿酸値があがってしまう、と。

それに、ラーメンは、辛いでしょう。
塩分が多すぎます。
痛風体質の人は高血圧に要注意ですから。

と、いうわけで、ラーメンを食べるなら、
ラーメン以外にも野菜をしっかりと食べて、
できれば「ラーメンの汁」は全て残しましょう、ということです。

え?

ラーメンは、汁がおいしいんだ、って?

う~ん・・・たしかに、そうですが・・・




[ スポンサードリンク ]



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ