痛風で食べて良くないもの

痛風患者の食事で、「食べても良い食品」、「食べない方が良い食品」、
というのがありますよね。

基本的に「食べない方が良い食品」というのは、ないとは思うのですが、
プリン体が多く含まれている食品、という意味です。

それを食べると、急に“痛風の症状が悪化する”というような感じではないです。

でも、プリン体が多く含まれている、とわかっている食品を好んで食べて、
自分でリスクを高める必要もないでしょうから。

【プリン体が多く含まれている食品】

まず、筆頭は、肉類と魚類。

肉も魚も、旨いんだけどなあ。

それから、「精巣、卵巣、内臓」というのは、避けた方が無難です。

つまり、魚の子供とか。
白子ってやつね。
ほら、魚の腹を開いたら、子供が卵で入っているときがあるでしょう?

あれ、旨いんですよね。

でも、痛風には良くないの(鬼)。

それから、牛のレバーとか、旨いんですよね。

でも、痛風には良くないの(鬼)。
プリン体が多く含まれていますから。

乾燥干物とかも、多く含まれているらしいです。
細胞が凝縮している、っていうのが良くないとか。

それから、意外なものとして、納豆。

なんか、体に良いっていうイメージがありますよね。
たしかに、高蛋白食品で体には良いのですが、
納豆は、大豆加工品の中でも(意外にも!)多くプリン体を含んでいます。

要するに、旨いものは、みんなダメなのね (涙)。

では、「食べても良い食品」には、どんなものが?
あ。何を食べても良いのですが、プリン体の少ない食品、という意味です。

【プリン体が比較的少ない食品】

野菜類。
水分を多く含んでいるので、プリン体が少ないそうです。

野菜ですか・・・
野菜ねえ。

肉の方が旨いんですけど (涙)。

乳製品。
牛乳とか。
ヨーグルトとか。

乳製品がなぜにプリン体が少ないかというと、原料が「牛乳が主成分」だからです。
牛乳には、プリン体がほとんど含まれていないそうですよ。

でも、牛乳ばっかり、朝から晩まで飲んでいられませんしねえ。
お腹が、ギュルギュルになっちゃう。

【結論】
やっぱり、肉の方が旨いんですけど。




[ スポンサードリンク ]



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ