痛風 薬 副作用

個人的なことなので、こんなところに書いてみても
しょうがないような気もしますが、もしかしたら、同じように
迷ったり悩んだりしている人もいるかもしれませんので、まあ、
書くだけ書いてみます。

痛風の薬を飲むか、飲まないか、ということです。

ここでいう、痛風の薬とは、いわゆる
尿酸降下薬(ザイロリック、フェブリクなど)のことです。
これを飲むとテキメンに尿酸値は下がりますが、
毎日飲み続けなければならず、たいていの人は
一生飲み続けることになります。

クスリの服用を止めた途端に、尿酸値は元に戻ってしまいますからね。
つまり、薬では、痛風は治らない、ってことです。

病院の先生は、この薬は必ずしも一生飲み続けなければならないのではなく、
生活習慣の改善ができれば、薬を止めることは可能だ、といいます。

そのとおりかもしれません。
ですが・・
少なくとも、私の周辺では
痛風の薬を飲み始めて、止めることができた人は一人もいません。

人によるとは思いますが、
私の知っている人は、みんな、薬を飲んでいることに安心して、
食べたいものを食べたいだけ食べて、飲みたいものを飲みたいだけ飲んでます。
生活習慣の改善を心がけているようには見えないのですが・・・
まあ、大きなお世話かな、と思ったりもします。

ところで。
痛風の薬を飲まない人の理由は、ただ一つ。

それは「薬の副作用が心配だから」です。

他にも毎日、飲むのが面倒などという理由の人もいるかもしれませんが、
大半は そうなのではないでしょうか。

さて、他の人のことは ともかく、私の場合、
長年、痛風発作の激痛で酷い目に遭い続けてきて、
本当にもう、こりごりなんです。
もう、痛いのは嫌です。

で。
20年以上も痛風発作で泣きそうな思いをしてきたのに、
なんで痛風の薬を今まで飲まなかったのか。

理由は、主に3つあります。

一つ目は、
単に「クスリがキライだから」です。

二つ目は、
長年、父親が痛風の薬を飲み続けるのを
そばで見て育ったから。

三つ目は、
いつも世話になっている、体を診てもらっている鍼灸院の先生が、
痛風の薬は飲まない方がいい、と言うから。

・・・という感じです。

この「薬が嫌い」というのは、
要するに、薬を飲むのが嫌いなわけではなく、
薬につきものである“副作用”が嫌なわけです。
まあ、副作用の好きな人は、いないでしょうけど。

それから「父親が痛風の薬」というのは、
父親も痛風でして(もろ、遺伝ですな)、
父親は私と違って、薬が大好き(?)な人でした。

で、痛風の薬も長年、飲み続けていましたが、
最後は肝機能が落ちて、肝臓を悪くしてしまいました。

この、肝臓が悪くなったり、短命だったりしたのは、
痛風の薬のせいとは限らないかもしれません。
ですが・・・
それを近くで見て、育ったので・・・
あまり、飲みたいとは思いません。

ああ、自分もいずれ、そうなるのかな、みたいな感じで。

あと「鍼灸院の先生の言葉」の件。

実は、何度か、もう痛風の薬(尿酸降下薬)を飲もうか、と思い、
鍼灸院の先生に飲む前に相談したことがあります。

痛風発作で痛い思いをした直後だったと思いますが・・
で、痛風のクスリに関する、鍼灸院の先生の見解は以下のようでした。

たしかに痛風のクスリを飲むと尿酸値は下がるが、
現代の医学では、尿酸値だけを都合よく下げてくれる薬など、ない。

下げなくても良いモノまで、一緒に下がってしまう。

下げなくても良い数値も下がってしまうと、
尿酸値は下がっても、今度は他のところが悪くなってくる。

他のところが悪くなってくると、その新たに悪くなったところを治す薬を飲む。

そうして、だんだんクスリばかりが増えていく、と。

・・・・・・。

と、まあ、カンタンにいえば、こういう事情というか、感じというか、
こういう顛末で、結局は、いまだに尿酸降下薬は飲んでないんです。

でもね。
本当にこれで良かったのか、どうか。
正直なところ、よくわかりません。

尿酸降下薬には、肝機能を落としたり、たしかに副作用もあるようですが、
尿酸値が高いままの状態が、長期間続くと、
今度は、腎臓のフィルターが目詰まりをおこしてきて、
少しずつ、腎機能が低下していきます。
腎機能が低下すると、尿酸を排泄するチカラも弱くなるので、
尿酸値が上がってきます。
腎機能が落ちてくると、合併症というか、
高血圧になってきます。
高血圧になると、さらに腎臓に影響しあって、腎機能が落ちていきます。

これらは急激に起こる事象ではなく、
長年の間、自覚症状もなく、じわじわと起こってくるのです。

こわいです。
気がついたときには、もう手遅れかもしれません。

たしかに、食事内容に気をつけて、食べ過ぎなど食事量に気をつけて、
運動して、肥満解消して内臓脂肪を減らして、
ストレスをためないようにして、生活習慣を改善していく・・
というのが、痛風改善の王道ではありますが、
これが、カンタンなようで、なかなか困難なことです。
ずっと毎日、続けていくことですからね。

そういう私も、いっけん、痩せているようですが、
裸になったら、お腹のあたりはブヨブヨですし(涙)。

とりあえず、万歩計でも買って、
毎日、夜に一時間、歩こうかな、と思ったりもしています。

で、ありとあらゆること。
やるだけやって、どうしてもダメなら、
もうクスリを飲むしかないかな、と思ったりもしますが、
とにかく、できることを出来るだけ、
やってみることにします。




[ スポンサードリンク ]



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ