痛風の薬は、やめられるか?

痛風の薬といえば、通常、尿酸降下薬のことをさす場合が大半です。
つまり、尿酸値を下げるクスリですね。

有名どころでは、ザイロリック。
最近では40年ぶりの新薬として話題になった、フェブリクなど。

フェブリク錠などは他のクスリと違って、
毎食後ではなく、一日1錠でいいらしいですし、
服用する人の負担も、やや少ないです。
価格的には、新薬なのでジェネリック(後発薬)はありませんので、
ちょっと お高いようです。

まあ、価格はともかく、クスリを飲む人の心配といえば、
いつの時代も「副作用」の心配です。

フェブリクは、従来の尿酸降下薬に比べて
「効果が大きく、それでいて副作用が少なめ」という目的で
開発されたものなので、副作用は 少なめらしいです。

でもね。
“副作用は 少なめ”ということは、副作用がある、ということです。

お医者に尿酸降下薬を服用することを強く推奨された方で、
実際、飲み続けておられる方で、こんなことを思う人もおられるようです。

『このクスリは、一生 飲みつづけなければ ならないのか?』

この疑問に、お医者は、こう答えます。

『尿酸降下薬を服用していても、その期間中に、
生活習慣が改善できて、尿酸値が下がって安定してきたら、
段階的にクスリを止めることができます』

・・と、いうことだそうで。

でもね。
ぶっちゃけた話をすると、[クスリでは、痛風は治らない] のですよ。

クスリを飲むと、尿酸値はテキメンに下がりますが、
止めると、アッという間に元の数値に戻ります。

これは薬のチカラで押さえ込んでいるだけで、こういうのを治った、
とは言いません。
本当の意味で“治った”のなら、薬を止めたら、
たちまちのうちに数値が元通りに なったりしないでしょう。

ほら、さきほどのお医者の言葉を思い出してみてください。

『尿酸降下薬を服用していても、その期間中に、生活習慣が改善できて』

・・ということは、
尿酸値を本当に意味で下げるのは、クスリではなくて、
『生活習慣の改善』なのですよ。
お医者さんも遠まわしですが、そう言ってるでしょう?

医師は、クスリを飲まないようにしなさい、とは決して言いませんから。
クスリを出すのが治療だと思っているから。
薬を出さなきゃ、病院の経営も成り立ちませんしね。

副作用が出たら、どうするの?

副作用が出たら、その副作用を抑える薬を出すのです。
それが、病院。

その副作用の副作用が出たら、どうするの?

副作用の副作用を抑える薬を出すのです。
それが現代医療。

こうして、クスリが増えていきます。
どんどんどんどん、クスリが増えていくのです。
なにがなんだか、わからないくらい増えていきます。

私の周辺にも痛風体質の人が何人かいます。
全員、尿酸降下薬を飲んでいます。

話を聞いてみたら、尿酸降下薬を飲んでいるので、
痛風発作が ほぼ出なくなったので、
今では食べたい放題、ビールも飲みたい放題なのだ、とか。

薬を飲んでいることの安心感があるようですね。
こりゃ、薬を飲みながら生活習慣の改善ができる人って・・
よっぽど、意志の強い人?

・・・・・・・・・・。

でも、逆に薬を飲まないことによるリスクもあるのですよ。

つまり・・痛風発作が頻発して何度も苦痛を経験したり、
将来、腎機能が低下する恐れもある、ということです。

じゃあ、薬を飲んでいれば順風満帆かといえば、
比較的 副作用が少ないといわれるフェブリクでさえ、
肝機能低下などの副作用が やはり あります。

結局、最後は自分で どうするか決断する、ということになります。

どっちが良かったのかは、何十年後にならないと わかりません。

わかったときには、もう、やり直しは ききませんが。

どうするかは、自分が決めるべきです。
どっちに転んでも、お医者を恨んだりすべきでは ありません。




[ スポンサードリンク ]



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ