ザイロリックとフェブリクの副作用

尿酸生成抑制薬として、よく知られているのが、
「ザイロリック(アロプリノール)」。
そして、ここ数年、40年ぶりに開発された痛風新薬の
「フェブリク(フェブキソスタット)」。

薬の種類は他にもいろいろありますが、
尿酸降下薬を服用しておられる方は、この2種類がメジャーだと
思います。

で、効果のほどはご存知のように、
尿酸値を下げる充分な効果、特にフェブリクには
劇的に下げる・・といっても良いくらいの効果があるようです。

ですが、薬といえば、副作用も気になります。

添付文書の記載によると、
以下のような副作用の可能性があるそうです。

——————————————————————
【アロプリノール】
皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、剥脱性皮膚炎等の重篤な発疹、
ショック、アナフィラキシー様症状、再生不良性貧血、汎血球減少、
無顆粒球症、血小板減少、劇症肝炎等の重篤な肝機能障害、黄疸、
腎不全、腎不全の憎悪、間質性腎炎を含む腎障害、間質性肺炎、
横紋筋融解症

【フェブキソスタット】
肝機能障害、過敏症
——————————————————————

こうやってみると、圧倒的に「フェブキソスタット(フェブリク)」の方が
副作用は少ないですね。

でも、「アロプリノール(ザイロリックなど)」の方は、
なんかすごい副作用が列記されていますが・・。

ど、どうなんでしょう。
私の身近にも、尿酸降下薬を飲んでいる痛風の人はたくさんいますが、
私の知っている狭い範囲ですが、こんな副作用になった人はいないですけどね。
個人差がある、というやつなのでしょうか。
それとも、万が一でも可能性があれば、記述している、ということなのでしょうか。

しかし、こういうものを明記されてしまうと、
服用する側としては少し不安になります。

処方してくださるお医者は、副作用のことなど
百も承知のハズですから、それでも、なおかつ
処方して薬を出す・・ということは、
副作用リスク以上に、薬効が見込まれる、ということなのでしょう。

でも、これからの時代、
もし、服用するなら、やっぱりフェブリクですかね。

フェブリクを服用して、肝機能の数値が低下した、
というのは、わりとよく聞く話です。
それくらいでしょうか。

ザイロリックを服用しておられる方は、
しだいにフェブリクに移行していくのかもしれませんね。




[ スポンサードリンク ]



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ