痛風 関節穿刺法

関節穿刺法(かんせつせんしほう)というものがあります。

知っていますか?

知らなくていいです、こんなもの。

関節穿刺法とは、何か。

痛風発作で苦しんでいる患者の患部、つまり腫れている患部の関節に
注射針を突き刺し、関節液を摂取する、という鬼のような手法です。

触るのも痛い痛風発作の患部に、ぶすっ・・と注射針を突き刺すだなんて。
あなた、それでも人間ですか?

患者さんの、うぎゃああああ!
という声が今にも聞こえてきそうです。

これは、べつにイジワルでやっているわけではなく、
「尿酸値が正常なのに痛風発作が起こった」ような場合にする検査なのだそうです。

つまり、本当に痛風なのか、ということ。
通常、尿酸値が正常値、7.0mg/dl以下ならば、まず痛風発作は起こることはないですから。

で。
摂取した関節液を顕微鏡で見てみて、その中に尿酸結晶なんかがあったら、
ああ、アナタは やっぱり痛風ですよ、と。

痛風だと、わかんなくてもいいですから、
そんな非人道的な検査は止めて欲しいものです。
お医者の先生が、
自分が痛風発作で苦しんだ経験がないからデキる検査のような気もしますが。

でも、まあ、こういう検査は非常に稀な例であって、
通常、痛風発作を発症させるような人は尿酸値が高いです。
そして、その痛風発作の症状は独特で、多くの場合、共通事項があります。

体の片側にだけ起こる(たいてい、左足)炎症である、とか。
一箇所だけが激しく痛む、とか。
足の親指の付け根の関節に激痛がある、とか。
患部が赤黒く腫れている、とか。
患部に違和感を感じてから、あっという間(24時間くらい?)で
痛みの極期になる、とか。

これらが痛風の発作の、よくある症状です。

でも、まあ、尿酸値が正常範囲内でも痛風発作が起こることもあるのですね。
ただの関節炎かもしれませんけど。




[ スポンサードリンク ]



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ