痛風対策として、水を大量に飲む件

春から夏にかけて、気候が良くなってきて・・というか、
だんだん暑くなってきます。

外を歩いているだけで、汗ばんできたりしてね。

ここで勘違いしやすいのは、
こんなに毎日、暑いんだから「体の中も暑いだろう」と。

体の中、っていうか、内臓は全然別ものです。
外界が暑いからといって、体の中は、案外、冷えているかも、です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風予防 水
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風対策で、よくレクチャーされるのが、
「水をたくさん飲みなさい」ってヤツ。

なんで、痛風が水・・・と関係あるのかというと、
尿酸値に関係のある、尿酸。

この尿酸値を下げるためには、血液中の中にある尿酸を
できるだけ体外に排出しなきゃならない。

じゃあ、どうするの?

こんなに汗をいっぱいかいているのだから、
尿酸も一緒に蒸発・・してくれれば嬉しいのですが、
残念ながら、汗からは尿酸は排出できません。

尿なんですよ。

尿酸は尿に溶けて、体外に排泄されるのが大部分なのです。

で・・出すには、飲め、ってことで。

|★ 水 2リットル
└───────────────────

痛風の本なんか見たら、
「1日に2リットルの水を飲みましょう」とかね。

尿に溶けた尿酸をできるだけ多くハイセツするために、
しっかり水を飲みましょう、とかね。

ですが、実際に水を大量に飲むと、
お腹がチャポチャポになって、お腹の調子が悪くなります。
なんか気持ちが悪くなります。

個人差があるのかもしれませんが・・
案外、水って、飲みたくもないときに、
そんなに飲めないですよ。

真夏なら、大丈夫かもしれませんけどね。
汗、いっぱい、かくから。

でね。

水を大量に飲むと腎臓に負担がかかりますし、
水を大量に摂取すると、体の内部が冷えます。

内部が冷える、すなわち、内臓が冷えるということ。

内臓が冷えるということは、内臓の機能が低下するってこと。

水さえ飲んでいれば、痛風が良くなるわけじゃありせん。

では、水は飲まない方が良いのかというと、
決してそんなことはなく、
尿に溶けた尿酸をできるだけ多く排泄するために、
多くの水を飲むってのは、利にかなった手段です。

ただ、飲みたくもないのに、飲みに飲んで、
コップも見たくなくなるくらい、
無理に飲んじゃだめよ、という話。

ところで、
夏場に飲む水、といえば、お茶にしろ、
「冷たい水(あるいは、お茶)」を飲むでしょう?

これが胃腸を冷やします。
ですので、あたたかいものを飲むのをおススメします。




[ スポンサードリンク ]



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ