尿酸値が高いなら、何に気をつける?

毎日、尿酸は体内で生成されます。
体内で約80パーセント、摂取する食事からが約20パーセント、
といわれています。
案外、食事から生成される尿酸は少ないのですね。
長年、せっせとプリン体を多く含む食品を食べるのを我慢してきたのに。

で、通常。
毎日生産される尿酸が、おおよそですが、600~700mgくらい。
こんな数字を言われても、目に見えないのでピンと来ませんけどね。
また、同時に、
同程度の尿酸が毎日、体外に排泄されます。
その大半は、尿から排泄されます。

尿酸は体に必要なものなので(抗酸化作用など)、それはそれでいいのですが、
この体外への排泄量よりも、体内で生産される尿酸の方が多い場合。
あるいは、体内で生産される尿酸の量がそれほど多くなくても、
尿酸の排泄がうまくいかない場合。

上記のどちらの場合も、体内の血液中の尿酸が溢れてしまい、
過剰な状態となります。

これが、いわゆる「尿酸値が高い」というヤツです。

血中尿酸の量が過剰であればあるほど、尿酸値は上がっていきます。

尿酸値が高いと、高尿酸血症ということになり、
高い確率で痛風発作になります。
(尿酸値が高くても、発作が出ない人もいます)

さて、痛風(高尿酸血症)は、生活習慣病ということになっていますが、
持って生まれた体質や遺伝の要因も大きいです。
ならない人は、じゃんじゃんビールを飲もうが、たらふく肉を食べようが、
絶対、痛風になりませんからね。

では、尿酸値の高い人は、どのようなことに気をつけていけばいいのでしょうか。
痛風体質の人は、どんなことに留意すればよいのでしょうか。

おおざっぱには、以下の二つ。
「尿酸値を下げること」
「腎臓から尿を排泄しやすくすること」

まずは、尿酸値を下げることですが、
「尿酸値 7.0mg/dl」以上ならば、高尿酸血症(痛風)と診断されますので、
それ以下を目標に。
尿酸値 6.0mg/dl以下なら、体内に沈着した尿酸結晶も小さくなっていきますから。

尿酸値を下げる一番確実なのは、薬物療法です。
フェブリクやザイロリックなど。

薬を飲む場合でも、生活習慣も同時に改善していかないと、
それこそ、一生クスリを飲み続けなければならなくなります。
薬で、痛風は治りません。
薬の薬効で、チカラづくで尿酸値を下げている、というような感じ。
薬を飲んでいても、その間に生活習慣も改善していって、
いつかは薬を飲まなくても尿酸値が低めで安定するようになれば理想的かな、
と思います。

あと、食べ過ぎない(カロリー過多)、運動する・内臓脂肪を減らす(肥満防止)、
ストレスと上手に付き合う、飲酒を減らす・・など。

それから、腎臓から尿を排泄・・の方ですが、
痛風体質の人に多い、「尿路結石」対策でもあります。

水を多めに飲む(一日、2リットル)、尿をアルカリ性に傾ける、など。

一日の摂取水分が少ないと、尿から排泄される尿酸も少なくなってしまうので、
やはり充分な水を飲むのが望ましいです。
でも、限度というものもありますけどね。
あまり多飲しすぎると腎臓に負担になりますから。

それから、痛風体質の人は尿も酸性になりガチなので、
尿路結石ができやすいです。
痛いらしいですからね・・
その対策というか、海藻・野菜を食べると良いです。
尿をアルカリ性に少し傾けてくれますので。

どれもこれも、一朝一夕には できないことばかりですが、
毎日の積み重ねですので、少しでも痛風が改善できるよう、
気をつけていきたいと考えています。




[ スポンサードリンク ]



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ