痛風は諸悪の根源?

痛風体質の人は、高尿酸血症だけでなく、

さまざまな合併症を起こしやすい、などと言われています。

有名どころで、糖尿病、高血圧、腎臓病、高脂血症・・など。

たしかに・・このデータは事実です。

 

ああ・・痛風なんかになるんじゃなかった!

痛風になってしまったがために、

こんなに他の病気にもなってしまうなんて!

 

いや、ちょっと、待ってください。

本当にそうなのでしょうか?

よお~く、考えてみてください。

 

たしかに、痛風は合併症を起こしやすい生活習慣病と

言われています。

生活習慣病?

そう。

痛風は生活習慣病だったのです。

 

たしかに遺伝は大きな要因です。

体質は、持って生まれたモノです。

ですが・・

痛風という結果は、長年の不摂生が原因かもしれないのです。

暴飲暴食・・特に、食べ過ぎ。

ビールの飲み過ぎ。

運動不足。

太り過ぎ、肥満。

ストレス過多。

朝食を食べない、夜ふかしなどの不規則な生活。

 

・・・・・思い当たる点も多々あるのでは?

 

良く考えてみてください。

痛風になるような生活習慣を続けていたということは、

同時に「糖尿病にもなりやすい生活習慣」でもあるのでは

ありませんか?

 

それは

「高血圧にもなりやすい生活習慣」

「腎臓病にもなりやすい生活習慣」

「高脂血症にもなりやすい生活習慣」

・・・とも、いえるのではありませんか?

 

痛風は、ある意味、わかりやすい病気です。

足が腫れあがって痛くなりますからね?

 

でも、他の病気は中々、自覚症状がないのでは

ありませんか?

痛風だから、病院に行ったり、検査したりで

他の病気も一緒に発覚したのではありませんか?

 

これは、痛風のせいですか?

痛風のおかげで、他の病気が発見できたのではありませんか?

 

痛風になるような生活習慣は、

同時に他の病気にもなりやすい生活習慣なんです。

痛風だけが「悪」じゃ、ございません。

痛風を弁護してるわけでもありません。

我々がまず、しなければならないことは

生活習慣を改善することです。

 

そりゃ、薬物治療も効果的でしょう。

でも、まず最初にすることは

生活習慣を改めることです。

これは・・なかなか。

本当に難しいことではありますが、自分のためです。

誰も助けちゃ、くれません。

 

とりあえず、減量して 肥満を解消して、

内臓脂肪を減らすと 「尿酸値が下がる」 ことが知られています。

まず、これからはじめてみませんか?

内臓脂肪を減らすこと、から。




[ スポンサードリンク ]



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ