痛風発作 ロキソニンの効果は抜群

普段、ほとんどクスリは飲まない私ですが、
それには理由があるんです。

理由 → クスリがキライだから。

なんじゃ、そりゃ。
薬の好きな人は、そりゃあ 少ないでしょうよ。

ですが、自分があまり薬好きじゃないからといって、
薬の存在そのものを否定しているわけでもなく、
特に痛風発作の激痛のときに、
痛み止めの薬がなければ、全く歩けないこともあります。

私が痛風発作で苦しんでいるときの飲むのは、ロキソニン錠(60mg)。
ボルタレンなどと同様、非ステロイド抗炎症薬です。
ついでにいうと、ロキソニン錠には
「ロキソプロフェン錠(60mg)」という後発薬(ジェネリック)が存在しますが、
内容は同じものだそうです。

で・・
この薬がおススメだから飲んでいるわけでもなく、
近所の病院がコレを飲みなさい、と処方してくださるので、
何も考えずに、ずっとこればかり飲んでいます。

こればかり、なんて書き方をすると、この薬を飲みまくっているイメージがありますが、
いえいえ、よっぽどの痛みじゃないと飲まないです。
限界を超えるまでは痛みは我慢します。

でも、たくさん歩かなきゃならない、とか、重い荷物を持って歩かなきゃならない、
なんて日があるので、そういうときは仕方なく、この薬を飲むのです。
足が痛くて、とてもじゃないけど歩けませんから。

効果抜群ですよ、この薬。

飲んで、たった15分間くらいで、
あれだけ痛かった痛風発作の痛みが嘘のように和らいでいきます。

これは、普段、私があまり薬を飲まないので、
たまに飲むと効果倍増ってこと?
いえいえ、そんなことはないでしょう。
この、ロキソニンという薬のチカラなのでしょう。

すごいです・・・が。

これ、逆に大丈夫なの?
と思ってしまいます。

いえ、足が痛いので、足の痛みを抑えようとして
痛み止めの薬を飲んで、その結果、
痛みが大幅に和らいで・・なんの不満も文句もないのですけどね。

あまりにも効きすぎて、逆に心配になってしまいます。

本当は神経が少し麻痺する成分が入っていて、
痛いことには何らかわりがなくて、ただ痛みを感じなくなっているだけじゃないのか、
って思ったりして。
まあ、いやなら、飲まなきゃいいだけなんですけどね。

でも、あまりにも効果抜群すぎて、ちょっと気になったもので。

というわけで、ロキソニンの効果は強力です。




[ スポンサードリンク ]



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ