痛風の発作にロキソニンとボルタレンどちらが効くか

ロキソニンもボルタレンもドチラも痛み止めの薬です。

いわゆる、消炎鎮痛薬ってヤツですね。

これらは別に痛風専用の痛み止めの薬、というわけでなく、
歯痛や頭痛など、幅広く利用されています。

私なんか、痛風発作のとき以外は飲んだことがなかったので、
ロキソニンというのは、痛風専用の痛み止めの薬、と
思い込んでいたくらいです。

げっ!
なんで、痛風の薬を歯痛なんかに・・・・って、
そうじゃなかったわけです。

で・・ロキソニンとボルタレン。
痛風発作には、どちからが効くのか?

どちらが強力なのか?

それは、もう、ボルタレンでしょう。

ロキソニンは市販されていますが(ロキソニンSなど)、
ボルタレンは病院での医師の処方箋が必要です。

そのことからも、ボルタレンの威力(?)が
窺い知れそうな気もします。

ロキソニンも数年前までは、そうだったんですけどね。
将来は、ボルタレンも市販されるかも。

痛風発作の痛みは、まさに激痛。

痛風発作が起こりはじめてから、
2~3日で極期(痛みのピーク)に達するのですが、
このときの痛みは想像を絶する痛みで、
まさに、のた打ち回るような激烈な痛みです。

この痛み、ロキソニンですら、
あまり効かないように感じたりします。

私はボルタレンを処方してもらった経験がないので、
この時期の痛みに、ボルタレンなら緩和できるのかどうか、
実体験がないのでわかりませんが、
ボルタレンなら、ロキソニン以上の効果があるような気もします。

でも、市販されていませんし。
入手困難ですし。

一番良いのは、病院へ行って、
医師の先生に処方してもらえるよう、頼んでみることだと思います。

なんらかの、痛風発作に対するアドバイスのようなものも
いただけるかもしれませんしね。

でも・・
仕事が忙しすぎて、病院へ行くヒマがない。
あるいは、病院へ行くのが大嫌い。

そういう人は、国内の薬局で販売していない医薬品も、
個人輸入で購入する、という手もあります。

個人輸入?

それって、大丈夫?
うさんくさくないの?

個人輸入は、税関とか、やっかいなので、
通常は、個人輸入代行業者を通じて
購入することになります。

ただ、一つだけ注意しなければならないのは、
日本には薬事法という法律があって、
個人輸入で購入した医薬品を
「転売したり」「他人に譲ったり」してはいけない、
ということになっています。

友人に頼まれて・・とかも、ダメなようで。

まあ、それ(輸入した薬)で商売するなよ、ということなんでしょう。

自分で買って、自分が使う分には
問題ありません。
決して違法じゃありません。

でもね。
ボルタレンはキツイ薬ですので、
副作用も心配だったりします。

ロキソニンだって、1日の服用量などを
オーバーして飲むと、胃がやられたりね。

効果が大きい薬だけに、
処方箋以上の量を服用すると、
副作用も大きいかもしれません。

注意が必要ですね。

痛風発作の痛みは、まさに激痛なので、
ロキソニンより強力な痛み止めの薬を欲しい、
と思う人も多いかもしれませんが、
基本は、やはり病院へ行くことです。

個人輸入というのは、どちらかというと、
裏技みたいな感じです。

そういう方法もありますけどね、みたいな。

▼↓




[ スポンサードリンク ]



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ