フェブリクの薬とは、なんの薬?

フェブリクとは、痛風の薬です。

いわゆる、尿酸値を下げる薬であり、尿酸降下薬です。
フェブリク錠(フェブキソスタット)は、帝人ファーマ株式会社が開発した、
痛風の薬としては40年ぶりの新薬といわれています。

この、フェブリクが発売される以前は、
ザイロリックなどのアロプリノール系の尿酸生成抑制薬が主流でした。

今後は、痛風(あるいは高尿酸血症)の治療薬としては、
フェブリクが主役になっていくと思います。
これから飲み始める患者ならば、フェブリク錠を。
現在、ザイロリックを服用しておられる患者は、時期をみて
切り替えを。

フェブリクの優れている点は、従来の尿酸降下薬よりも
尿酸値を下げるチカラが強いことです。
ザイロリックより、遥かにグン・・と下がります。

まだ新薬なので、少し価格的には、お高い気もしますが、
ザイロリックが一日数回(2~3回)飲まなければならないのに対して、
フェブリクなら、一日一錠でいいですしね。
患者の負担(心理的にも)は少ないように思います。

それから、このフェブリクの本当にスゴイ点は、
複数の排泄経路を保有している、ということ。

どういうことかというと、
ザイロリックならば、腎臓から尿酸を排泄するだけでしたが、
フェブリクは胆汁からと腎臓の両方から尿酸を排泄できるのです。


よくわからないけど?

つまり、腎臓から尿酸を排泄するということは、
尿と一緒に、尿に溶けた尿酸を体外にハイセツする、ということ。

そして、胆汁というのは、肝臓から分泌されて、
胆汁に溶けた尿酸を十二指腸を経由して、便と一緒に排泄できる、ということ。

これの何が凄いのか?

単に、「腎臓」からしかハイセツできないよりも、
「胆汁+腎臓」と多経路排泄の方が尿酸をより多く体外に排泄できる、
というのもありますが、腎臓の負担が軽い、と。

これは・・デカイですよ。

ええと、痛風も長期にわたって尿酸値が高い状態がずっと続いていると、
尿酸が結晶化して関節などに溜まって、痛風発作の原因となります。

ですが、これはまだ、いいほうで、本当に怖いのは
内臓、特に腎臓の糸球体(しきゅうたい)というフィルターに
目詰まりを起こして、腎機能が低下してしまうことなんです。

いわゆる、腎機能障害ってヤツですね。

腎機能障害がだんだん進行してくると、
いくら尿酸値を下げたくても、ザイロリックを飲みたくても、
腎臓に負担がかかるわけですから、あまり
ザイロリックを服用できなくなってきます。

ところが、このフェブリクは多経路排泄ですから、
腎臓オンリーのハイセツではないわけです。
つまり、ザイロリックに比べて、腎臓の負担が少なく済むわけですね。

で・・・・・・・・・・・。

なんか、フェブリクはいいことばかりのように思えますが、
心配なのは、やはり、副作用です。

フェブリクの欠点は、新薬だということです。


どういうこと?

つまり。
薬である以上、副作用のリスクは常にあるわけですが、
実際にフェブリクを服用し続けて、何十年も経過した実録というか、
データがないわけです。

たとえば、
Aさんは、フェブリクを服用し続けて20年。
これという副作用もなく、元気に毎日を過ごしています。

Bさんは、フェブリクを服用し続けて25年。
副作用は全くなく、ピンピンして元気すぎます。

ところが、Cさんはを服用し続けて3年目に、
肝臓に重篤な副作用を起こしてしまい、服用を中止せざるを得なくなりました。

・・・などという、実際の服用歴というか、データがないわけです。

そりゃあ、フェブリクを飲んで重い副作用を起こす人なんて、
何万人に一人いるか、いないか、かもしれません。
実際には、もっと多いのかもしれません。

でも、データが少ないのです。
っていうか、そういうのが無いんです。

いくら無数の臨床試験を経て、これなら安全と厚生労働省の認可を受けて
発売されていても、「飲むのは自分」なのです。

その、何万人に一人が自分なのかもしれないのです。

でもねえ。
フェブリクは40年ぶりの新薬なんです。

次の新薬が発売されるのも、今から、さらに40年後かもしれませんよ?

フェブリクの実際の患者の服用データが出揃う頃には
たぶん、私、生きていないでしょうし(弱気かよ?)。

リスク(副作用)を恐れて、ベネフィット(メリット)を失うか。

あるいは、リスクと効果を天秤にかけて、
フェブリクを服用するか。

どちらにしろ、いったん飲み始めると、
おそらく、一生涯、飲みづづけることになると思うので、
服用を始める前に、よく検討した方が良いと思います。




[ スポンサードリンク ]



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ