ザイロリック フェブリク 副作用

痛風の薬といえば、
ザイロリックや40年ぶりの痛風新薬であるフェブリクなどが有名です。
これらは、いわゆる尿酸降下薬といわれています。

また、さらに細分化すると、
尿酸降下薬には「尿酸生成抑制薬」と「尿酸排泄促進薬」に分類されます。

体内で尿酸を作りすぎる体質の人→ 尿酸生成抑制薬
尿酸を体外に排泄するチカラの弱い人→ 尿酸排泄促進薬

・・・と、こんな感じです。

ですので、個々の体質によって
病院で症状にあった薬を処方してくださいます。
フェブリク錠が新薬だし、有名だし、これを飲んでみたい・・
というようなモノでもないのです。
コッチが決めることじゃありません。

でも、ザイロリックやフェブリクのような尿酸生成抑制薬を服用する人が
多いような気がしていましたが、日本人の場合、
尿酸をに排泄するチカラの弱いタイプの人が多いそうです。
う~ん・・なんか、意外ですね。

この、尿酸を排泄する能力が弱いというのは、
腎臓の能力に起因しています。
つまり、腎臓が尿酸を排泄する能力が弱い、ということです。
薬のチカラで、尿酸の排泄を促進させる、ということ。

それに対して、ザイロリックやフェブリクなどの尿酸生成抑制薬は、
「肝臓でプリン体が分解されて尿酸になる」のを妨げるのです。

つまり、ひらたくいうと、これらのクスリは
肝臓があまり仕事しないように、働かないようにさせる薬なのです。

よって、副作用としては肝機能が落ちます。
他にもいろいろあるみたいですが、肝機能低下が有名です。

肝機能が落ちると、どうなるのか。
肝臓は体内の化学工場ですから、この機能が落ちてしまうと
いろいろ心細いのですが、具体的な自覚症状としては
体がダルくなったり、とか。

ですが、尿酸値は強烈に下がります。
理想的な数値にまで下がります。

で、これらの尿酸降下薬をまったく飲まないと、どうなるのか。
そして、生活習慣も改善できなくて、尿酸値改善もできなかったら、
結果として、どうなるのか。

尿酸降下薬を飲まないことで、肝機能が落ちてしまったりはしませんが、
尿酸値が高いままの期間が何年、何十年と続くと、
腎機能が落ちていきます。
腎臓のフィルターに小さな尿酸の結晶が目詰まりを起こしていくのですね。
そう、少しずつ・・

腎機能障害が進むと、やがて将来は腎不全になる可能性があり、
そうなると、透析が必要になってきたりします。
透析は大変です。
日常生活を普通に送るのも困難になってきます。

また、脳卒中とか心筋梗塞とかのリスクも高くなってきますので、
尿酸値が高いままが長期に続くと、いろいろ怖いです。

クスリの副作用は確かに怖いかもしれませんが、
薬を飲まないことによるリスクもあるような気がします。

いろいろやってみても、どうしても尿酸値が下がらないのならば、
一年でも健康で長生きするためには、
尿酸降下薬を飲むのも良い選択なのかもしれません。




[ スポンサードリンク ]



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ