毎日ビールを飲むと痛風に?

毎日ビールを飲むと痛風になる!?

いや、関係ないと思います。
ビールを飲んだら痛風になる、というのは
マチガイだと思います。

たしかにビールなどのアルコール飲料を飲めば、
尿酸値が上がります。

このことは一般的に、プリン体が多く含まれているからだ、
と思われていますが、実際には、飲んだもの(ビール)が体内に入ってきたとき、
肝臓で分解されるのですが、そのときに尿酸がたくさん生産されるからです。

じゃあ、大酒飲みって、全員、痛風なの?
周囲の人達を見回してみても、そんなことないでしょう?
酒飲み=痛風ですか?

痛風になるか、ならないか、と
ビールを毎日飲んでいるかどうかで決まるわけではありません。
尿酸値が高いか、どうかで決まるのです。

つまり・・ビールを浴びるように飲んでも
尿酸値がそれほど上がらない人もいるのです。

なんで?
ぶっちゃけて言えば、「体質」です。

痛風になりやすい人は、
尿酸を体内でたくさん作り過ぎる体質の人。
もしくは、尿酸の排泄があまりうまくいかない体質の人。

こういう痛風体質の人が、
毎日まいにち、くる日も来る日もビールを飲み続けていたら、
どうなるか?

きっと、いつの日か、痛風発作に見舞われるでしょうね。
ビールにはプリン体が含まれているだけでなく、
アルコールを体内で分解するときに尿酸が作られます。
それから、乳酸という物質ができて、腎臓にたまったりして、
尿酸のハイセツを抑制しちゃいます。
しなくてもいいのにね・・

それから、ビールを飲むと食欲を促進。
つまり・・メシがうまい、ってこと。
食べ過ぎると、また尿酸がたくさん生成されます。

ああ、尿酸、尿酸、尿酸・・それ、ばっかり!

まあ、しょうがいないっす。
そういう体質なんだから。
生まれつきの痛風体質なんだから。

ですので。
毎日ビールを飲むと痛風になるわけではありませんが、
痛風になりやすい体質の人が、毎日ビールを飲むと
痛風になります。
いや、そんな言い方をすれば語弊がありますが、
比較的、痛風になりやすいです。
なんか、理不尽な話ですが、しょうがないです。

遺伝による体質は、持って生まれたものですので、
なるべく痛風発作を起こさないよう、そして
遠い将来、内臓が悪くなったりしないよう、
今から生活習慣に気をつけていくしかないです。




[ スポンサードリンク ]



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ