駅前の病院がちょっと先進的

駅前に、内科の小さな病院(開業医)があるのですが、
看板がズケズケと道に乗り出すようなカタチで出ています。

ここは、オープンしてまだ数年。
院長の先生(というか一人しかいない)も比較的若いです。

実は一度だけ、診察を受けてみたことがあるのですが、
なんか、がら~んとして、あまり はやっていない感じの病院でした。

お医者も人気商売なんでしょうかね?
まあ、経営が軌道にのるのは年数がかかるってところでしょうか。

で。
先日、その病院の前を通ると、なんと、その病院。
鍼灸治療も(併設して)はじめました、と張り紙が貼られているではありませんか。

ええっ!?

内科の病院ってのは、西洋医学ですよ?
それを東洋医学である鍼灸治療も取り入れるってこと?

病院というところは、「治療=薬を出すこと」ですから、
薬を使わない治療法(東洋医学、漢方のこと)を軽視してる向きが
あるように思うのです。
ですから、びっくりです。

へえ~。

今までの西洋医学の薬物治療を継続しながらも、鍼灸治療も併設する、
っていうことは、少なくとも、その先生は
鍼灸治療は効果がある、と考えているのでしょう。
できなきゃ、やらないですからね。

西洋医学の薬物治療は痛みを軽減したり劇的な効果があることが多いですが、
そのぶん、副作用の心配があったりします。
東洋医学は薬物を使わないので副作用は、ほとんどありませんが、
長期的に、長い目でみて体質を改善する、という感じで即効性を期待するのは難しいです。

ですので、両方の良いところを取り入れる、
というのは理にかなっているというか、
これからの医学というか治療法として理想的じゃないか、と思うのです。

これから、将来、どんどん
こんな前衛的な病院が増えてくるかもしれませんね。

え?
で、その病院へ通うのか、って?

いえ、私は通いませんよ。

なんでかって?

いやあ、実は、その病院の先生、一度診察してもらったら、
なんか偉そうで、感じが悪かったので。
もう二度と行く予定はありません。
あはは~
・・・・ってことで、やはり
お医者も人気商売ですかね?




[ スポンサードリンク ]



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ