痛風サプリ アンセリン 尿酸値下げる?

養殖が困難と言われていたクロマグロですが、なんと、
近畿大学水産研究所では、クロマグロの養殖に成功しています。

う~ん・・すごいね。

なんで、これが凄いことなのか?

クロマグロというのは、大型魚で回遊魚なのです。
つまり、大海を泳ぐ魚、ということ。

泳ぎながら、エラから海水を大量に取り込み、
その海水の中に溶け込んでいる酸素を取り込むことによって、
呼吸しているのです。

ということは、泳ぐのを止めたら、死ぬ・・ということ。

そんな魚を養殖するってのは、よほど広い水槽がなければダメだと思うし、
魚に大海を彷彿させるような設備がないと。

近年、乱獲のせいで海洋資源が減る一方で、
絶滅危惧種に指定されるまでなってしまったクロマグロですが、
この際、養殖でも何でもいいから、次の世代でも
寿司、トロなどが食べられるようになっていて欲しいものです。

で・・そんなことより、アンセリンで尿酸値が下がるのか、
という話です。

そもそも、
「アンセリン」というサプリメントは、どういうものなのでしょうか?

マグロやカツオなどの高速回遊魚は、がんがん泳いでも痛風にならない
ことから注目されて、長年、さまざまな研究をされてきました。
これらの魚には、β-アラニンと1-メチルヒスチジンという名前の、
2つ繋がった構造のアミノ酸があることがわかってきました。

おおざっぱな説明でしたが、これらが「アンセリン」です。

痛風でプリン体が気になる人に好んで購入されていますが、
期待できる効果は尿酸値が下がること。

でも、いわゆる痛風の薬(フェブリクなどの尿酸降下薬)のように
劇的な効果があるわけでもないのです。

実際、大ぜいの人がアンセリンを飲んで尿酸値が下がった、
と報告されていますが、その数値は「少し」です。

たとえば・・・
尿酸値 7.4mg/dlの人が、尿酸値 6.9mg/dlになったとか。
(個人差あり。必ず、そうなるわけではありません)
その程度です。

フェブリクなら、
尿酸値 12.5mg/dlの人が、尿酸値 6.0mg/dlになったとか、
普通に聞く話ですらかね。

あくまで、アンセリンは薬ではなく、
健康食品である、ということです。

アンセリンだけ飲んでいれば痛風対策は万全なわけではなく、
やはり基本は生活習慣の改善です。

この場合の、生活習慣というのは、
食事や運動などさまざまな面から、良くない自分の習慣を
改善していくことを意味します。

痛風は一朝一夕には改善しませんが、
地道な節制、継続した努力が必要です。

アンセリンは、その一助になってくれるかもしれませんね。

↓↓ マグロとカツオの赤身から抽出したアンセリン含有フィッシュペプチドを使用しています。★送料…




[ スポンサードリンク ]



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ